忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/22 08:33 】 |
今週の注目作品

トロン:レガシーの魅力について

株式会社リトルグローブが今週注目しているDVDはトロン:レガシー。もう見た人もまだ見てない人もいると思います。なぜ注目するのか?話をしたいと思います。
トロン:レガシーの魅力でもあるSFアクション。
世界で初めてCGを本格導入したともあって、革新的映像で話題奮闘中です!DVD版は画質もよく見やすいのが特徴でもあります!
blu-ray版なんていうのが今別で出ていますが、このほうがもっと画質がいいと思います。
って当たり前かっ!!株式会社リトルグローブでは、ぜひblu-ray版でと思います。
見た人の感想では、少しゲームとは違った内容だったけどデジタル世界の入り込んでしまうくらい面白いって話ですよ!!1つ難点があって、まだ3Dに慣れていないせいかちょっと疲れちゃうって人も中にはいるみたい。
でも、映画業界も発展していますよね!!飛び出してくるんですよ。
人間の目の錯覚といったほうがいいのか?研究に研究を重ねた結果かなって思います。株式会社リトルグローブではもっと色々な分野で開発や発展してほしいと思います。
株式会社リトルグローブも微力ではありますが貢献できたらと・・・。

以前との違いについて

以前のトロン:レガシーとの違いについて話をしたいと思います。
1982年の続編ということでかなり映画業界の作品の中でも年月が経っています。
時代の流れにそった映画の製作に株式会社リトルグローブは時代の変化が伝わってくるなぁと感じています。デジタル業界のカリスマといわれているケヴィン・フリンが失踪してからの20年。
子供だった彼が大人となって登場する。懐かしいと感じる人も多いのではないかなと思います。
子供の頃の自分から大人になった自分ね回想していく前回見てない人にはちょっと理解できない内容かもしれません。
前回の作品にはなかった、コンピューターやデジタルな世界が魅力的に感じます。それと同時に新鮮な気持ちになれる作品だと株式会社リトルグローブ一同思っています。
ぜひ、現代社会と比べてほしいと思います。

映画業界の発展

映画業界の作品はこれからも3DやCGなど自分がその作品の主人公になれるようなものが増えてくると株式会社リトルグローブは睨んでいます。
作品自体が未知の世界だったり、想像の世界だったり・・・。
今までは一心同体で見るということがなかったと思います。
でも時代が進んでいくにつれて、自分が主人公になったり戦った見たり。
色々な視点や観点から楽しめるのではないかなと思います。映画業界の進化と共に、自分たちの頭の中も最新にしていかないと時代遅れっていわらる時が来るかもしれないですね!!常に前進!株式会社リトルグローブの業務に対する姿勢も常に前進全開でいこうと思います!
PR
【2011/06/16 16:08 】 | 人気DVD | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<クレイジーズ | ホーム | 不動のバイオハザード>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>