忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 10:14 】 |
株式会社リトルグローブと「スペル」
株式会社リトルグローブのレンタル生活 今回株式会社リトルグローブが借りた映画は「スペル」です。あらすじ。 銀行のローンディスクで働くOL、クリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、ライバルに勝って昇進するため、支店長のジャックス(デヴィッド・ペイマー)に仕事が出来ることをアピールする必要に迫られていた。そんなある日、クリスティンのもとにガーナッシュと名乗るジプシー風の老婆(ローナ・レイヴァー)が現れる。クリスティンは自らの出世を意識し、彼女の3度目の不動産ローンの延長願いをキッパリと断る。すると老婆の態度が豹変、クリスティンに飛びかかろうとしたところを警備員に取り押さえられ、その場を追いやられた。その夜、仕事が終わり駐車場に向かうクリスティンを、あの老婆が待ち受けていた。敵意むき出しに掴みかかる老婆に対し、必死に抵抗するクリスティン。その時、老婆にコートの袖口のボタンを引きちぎられ、クリスティンは聞きなれない呪文なようなものを聞く。「次はお前さ。私に請いに来るんだ」と言い残し、老婆はその場から消えていった。翌日。昨夜の不穏な告知通り、クリスティンの周りで不思議なことが起こり始める。老婆が残した呪文のせいだと不安がる彼女だったが、大学で心理学を教える恋人のクレイ・ダルトン(ジャスティン・ロング)は、非科学的だと言ってまともに取り合おうとしない。仕事場でも悪夢のような妄想に襲われ失態をやらかしたクリスティンは、そのまま会社を早退。昨日の件を謝罪し、気味の悪い状況を元に戻して欲しいと請うべく老婆の家を探す。住所を頼りに老婆の家を訪ねると、そこでは老婆の葬儀が行なわれていた……。その夜、クリスティンはクレイの実家で、初対面となる彼の両親とのディナーに出席する。だが、またもや恐ろしい妄想が彼女を襲い、激しく取り乱したままその場を退席、大事な夜が最悪の夜になってしまう。クリスティンの平穏な日常を跡形もなく変えていく“恐怖の3日間”はこうして始まった……。解説。銀行に勤務するOLが仕事上のトラブルで顧客の老婆の恨みを買い、謎の呪縛にとらわれる“恐怖の3日間”を描くホラー。監督・脚本は「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ。出演は「悲しみが乾くまで」のアリソン・ローマン、「そんな彼なら捨てちゃえば?」のジャスティン・ロング、「ミスター・サタデー・ナイト」のデヴィッド・ペイマーなど。ホームページより抜粋
PR
【2011/02/04 18:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<株式会社リトルグローブと「 戦場でワルツを」 | ホーム | 株式会社リトルグローブと「PLANET B-BOY」 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>