忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 10:21 】 |
株式会社リトルグローブの「牛の鈴音」

株式会社リトルグローブのレンタル生活。 
今回株式会社リトルグローブが借りた映画は「牛の鈴音」です。
あらすじ。
牛の寿命は15年ほどであるが、79歳の農夫・チェ爺さんが30年間ともに働いてきた牛は、40年も生きている。
お爺さんは耕作機械を使おうとせず、また、牛が食べる草が毒になるのを防ぐため農薬も使わなかった。
そんなチェ爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは、不平不満が尽きない。
しかしある日、かかりつけの獣医が、牛は今年の冬を越せないと告げる。
冬、お爺さんは牛市場で新しい雌牛を買う。
春、若い牛が雌の仔牛を産む。
雌の仔牛はお金にならないため、お婆さんはがっかりする。
お爺さんは市販の飼料を使わず、夜明けから牛のエサを黙々と作る。
夏の終わりに大雨が降り、田んぼが水浸しになる。
チェ爺さんは時々、頭が痛いと言うようになる。
夫婦で老いぼれ牛が引く荷馬車に乗って町の病院に行くと、医師はお爺さんに働くのを控えるよう忠告する。
病院の帰り、2人は写真館で、遺影用の写真と記念写真を撮影する。
ある日、仔牛が逃げ出してお爺さんに体当たりしたため、お爺さんは仕方なく仔牛を売る。
老いぼれ牛は、お爺さんとお婆さんが乗ると立ち止まってしまうようになる。
お爺さんは牛を気遣い、お婆さんに降りろと怒鳴る。
韓国のお盆に当たる秋夕、9人の子供たちが家族を連れてやってくる。
お婆さんに頼まれた子供たちは、牛を売って隠居するようお爺さんを説得するが、お爺さんは答えない。
秋、収穫を迎えると、次男に頼まれた近所の人が、トラクターで稲刈りを手伝いに来る。
お爺さんは、機械でやると米がいくらか無駄になると言い張る。
お爺さんが足に怪我をする。
お婆さんに説得され、お爺さんは渋々、牛を牛市場に連れていく。
しかし、牛の目から涙が落ちるのを見て、手放すのをやめる。
お爺さんは、若い牛の訓練を始める。
冬、老いぼれ牛が動かなくなる。
お爺さんは、30年間つけていた鼻輪と鈴を外した。
お爺さんが天国に行けよと声を掛けると、牛は一瞬首を振り、動かなくなる。

解説
農夫と1頭の牛の絆を描くドキュメンタリー。
普通15年ほどが寿命の牛が40年も生き、老夫婦と働いてきた日常を淡々とカメラに収めた本作が、本国で驚異的な観客動員を記録。
監督はテレビ演出家出身で、本作が映画初監督となるイ・チュンニョル。
プサン国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞ほか、国際映画祭での受賞多数。

ホームページより抜粋
 

PR
【2011/03/17 19:49 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<株式会社リトルグローブの「ガチバンMAX」 | ホーム | 株式会社リトルグローブの「スナイパー」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>