忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 10:19 】 |
株式会社リトルグローブと「タクミくんシリーズ 美貌のディテイル 」
株式会社リトルグローブのためになる映画。 株式会社リトルグローブが為になると思う映画は「タクミくんシリーズ 美貌のディテイル 」です。あらすじ。 全寮制の男子校・祠堂学院の3年生に進級した葉山託生(浜尾京介)。一度同室になった者とは翌年、同室になれない学校の規則により、崎義一=ギイ(渡辺大輔)と寮での生活が離れ離れになる。春休み明けの再会を楽しみに待つ託生。始業式の日、新しく同室になったのは三洲新(馬場良馬)。一癖も二癖もありそうなクールな同室者に戸惑う託生。その上、三洲に想いを寄せる2年生の後輩、真行寺兼光(川隅美慎)が託生を妙に慕ってくる。そんな折、階段長に就任したギイの様子が変だと噂になる。真相を確かめようと会いに行くが、眼鏡をかけたギイは“暫く会わないでおこう”と素っ気ない。ギイに飽きられたと思い込み、ショックを受けた託生は、以前のように人に触れられない人間接触嫌悪症が再発してしまう。悩む託生。親友の赤池(滝口幸広)や片倉(紅葉美緒)もギイの態度の変化を気に掛けるが、答えが見つからない。学年が変わったことによるギイの心変わりか、本意なのか。託生とギイ、2人の思いが錯綜する……。 解説。 累計400万部を誇る、全寮制男子校を舞台にした人気ボーイズラブ小説の映画化第三弾。3年生に進級した託生だったが、ギイの態度が変わり、2人にすれ違いが生じる。出演は前作から引き続きの『ごくせん』の浜尾京介、『ウルトラマンメビウス』の渡辺大輔に加え、ミュージカル『テニスの王子様』の馬場良馬が新たに参加。デジタルDLP上映。 ホームページより抜粋
PR
【2011/02/15 21:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<株式会社リトルグローブと「孫文-100年先を見た男- 」 | ホーム | 株式会社リトルグローブと「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>